ホーム > ワンちゃん > 食べ物 > ゲンキ・ワン300g 健康補助食品 【小型犬・中大型犬 両用】

ゲンキ・ワン300g 健康補助食品 秋田犬

ゲンキ・ワン300g 健康補助食品 【小型犬・中大型犬 両用】

おすすめ

商品番号 4560124230036

販売価格2,860円(税込)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

「発酵」を取り入れたペット用健康食品。日本の伝統的産業で使用される麹菌で発酵させた原料を主原料にした健康補助食品です。 毎日の食事に少量ふりかけて食べることで、玄米胚芽表皮と麴菌のつくった有効成分が愛犬の体にプラスにはたらいてくれます。 愛犬の食事に日本の伝統食を取り入れることで、食環境が大幅に改善。 「ゲンキ・ワン」は愛犬が長期間パートナーでいるために必要な健康を提供します。

【1.食環境の改善】 麹菌で発酵させる過程に生産される酵素には、愛犬の食環境を大幅に改善させる効果が期待できます。

【2.愛犬の健康維持】 使用されている玄米には、愛犬の健康を維持するために必要不可欠なビタミン・ミネラル等が豊富に含まれています。

【3.万全な品質管理】 北海道の契約農家で栽培した玄米を使用し、自社工場にて製造しています。

【腸内環境の改善】 食事と一緒に「ゲンキ・ワン」を与え、腸内の「ラクトバチルス」と呼ばれる善玉菌の量の変化を計測したところ、腸内の善玉菌の量が与える前に比べて4倍も増加していることが分かりました。

【活動量の改善効果実験】 「ゲンキ・ワン」を与えたワンちゃんの1日の活動量(歩数)を計測していった結果、日数が増えるほど歩数も増加していくことが分かりました。 ※製造元(玄米酵素グループ日設工業株式会社)調べ

専門家の方からも支持されています!

酪農学園大学 獣医学群 獣医保健看護学類(北海道江別市)
准教授 佐野 忠士様

より良い生活が送れる環境づくりを目標とし「ゲンキ・ワン」がもたらす効果について研究しました。

川平ペットケアセンター 森のいぬねこ病院(宮城県仙台市)
院長 西原 克明様

私の病院では、多くのワンちゃんに「ゲンキ・ワン」をご使用いただいています。

ご利用者様の声

角館民宿 縁 Enishi オーナー 吉見 梓 様

「ゲンキ・ワンを取り入れてまず一番に感じたことは、毛艶と毛並みが見違えるように良くなったということ。季節の変わり目など、軽く皮膚の炎症もあったのですが、すっかりきれいな皮膚になり、手触りもフワフワです。 皮膚がきれいになったことも関係あるのか、体臭もあまり感じられなく、涙やけもすっかり気にならなくなりました。 毎日のドッグフードに、スプーン数杯程度を混ぜるだけなので、簡単に取り入れられるのがいいですね。」

戸嶋 ゆか 様

「長年、アレルギー皮膚炎に悩まされていましたが、ゲンキ・ワンを与えたところ、1ヶ月ほどで毛艶が良くなり、嬉しい事に徐々にアレルギー症状も改善されてきました。 最近では、愛犬自ら散歩の距離を増やすようになり、元気ハツラツと楽しんでおります。 着色料・防腐剤・保存料不使用との事で、愛犬の免疫力アップの為に安心して使い続けられます。」

一般社団法人 ONE FOR AKITA  チーフドッグトレーナー 鈴木 明子 様

「妊娠中の犬にゲンキ・ワンを使用したところ、産後の母体にダメージが少なかったように感じます。 離乳開始直後で便の不安定な子犬に与えたところ、1週間程度で安定しました。 ふれあい展示や撮影で人前にでる仕事が多くストレスを受けやすいですが、ゲンキ・ワンを与えてから体質改善したようで、下痢も少なくなりました。 ゲンキ・ワンに感謝です。」

※ご利用者様の声は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

「ゲンキ・ワン」Q&A

Q1. 麹菌と酵素の違いは何ですか?
麹菌:日本の伝統的食品で使用されている微生物です。
酵素:触媒活性を有するタンパク質の総称です。
生物の営むほとんどすべての反応にそれぞれ応じた酵素があります。

Q2. どのように与えたらいいですか?
1日1〜2回の食事(総合栄養食のグラム数の5%)に混ぜ与えてください。

Q3. 薬を与えています。ゲンキ・ワンを与えても良いですか?
「ゲンキ・ワン」は薬ではなく、一般的な食品の一つです。獣医師の指導で食事制限がなければ問題はありません。アレルギーのあるワンちゃんは、獣医師にご相談ください。

Q4. 1日にどれくらいの量を与えればよいですか?
個体差によって体重が異なるので、ワンちゃんの体重を測り下記の表を参考にしてください。

◇成分
粗たんぱく質16%以上・粗脂肪14%以上・粗繊維6%以下
粗灰分10%以下・水分4%以下

◇原材料
穀類(玄米胚芽・表皮、玄米)・デンプン類(澱粉分解物)・豆類(大豆)
魚介類(かつお節粉末)・藻類(スピルリナ)・ミネラル類(貝カルシウム)・麹菌

◇原産国:日本(北海道)